読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴佐久昌英神父を研究する

晴佐久昌英神父様についての評価を集めていきたいと思います。いわゆる口コミブログです。この神父様には両面あります。気さくであることは長所、対して都合の悪い教理を否定したり、無責任、軽すぎるなど批判も聞かれます。実際はどうなのか、評価を集めていきたいと思います。

晴佐久神父様の本、「福音宣言」を購入しました。 3分の1読んでギッブアップ。

晴佐久神父様の本、「福音宣言」を購入しました。

理解できません………
何回読んでも、3分の1でギッブアップ。

そもそも、「宣言」という言葉自体が受け入れることが出来ません。

講演会でお会いしたこともあるし、その時は違和感はなかったですが、メモ帳用意していたのに何もメモするような発言がありませんでした。

電話でもお話ししたことはありますが、非常に印象の良い方です。
しかし、介入すればするほど、何か違う。カトリックではなくて、自分の宗教という感じがします。

せっかくお金出して買った本、理解出来ないから読むの辞めておこうっと。
皆さん、理解できました?これは、いったい何の本?

補足「日めくりカレンダー」、「星言葉」は、心に染み込むものがあるのですが。いったい、この人は神父として何を考えているの。注意しない、岡田大司教様もどうかしていると思いますが。信徒不足のせいでしょうか?

 

全く同感です。
私もその本持ってますが全く理解できません。
また、私も実際にお会いしたりお話を聴いたりしたこともありますが、質問者さんの感じてることと全く同じことを感じました。
最初はそのお話にひきつけられるのだけど、踏み込んでいけばいくほど違和感がありますよね。
聖書とは全くかけ離れていますね。
しかしながら彼の支持者というのは多く、その圧倒的な受洗者数からなかなか上も批判できないのではないですか。


回答ありがとうございました。

「福音宣言」は、「晴佐久教」ですね。

今日、ピエタ教皇庁 聖書委員会著者。
「聖書とキリスト論」という書籍を購入してきました。
帯には「現代の多様な「聖書によるキリスト論」。
その問題提起と回答の多様性ゆえ、戸惑いを覚える信仰者へと向けられた、
聖書神学とその方法論の簡潔なまとめ。
と、書かれています。この書籍を読んだ方がいいようです。

 

どう考えても、カルトのやばい人でしょう。はまらなくて、よかったじゃないですか。


売ってしまいましょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10159927580

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
にほんブログ村